掘削機の圧力センサーと圧力スイッチの動作原理

掘削機圧力センサー

コマツの圧力センサーを図4-20に示します。圧力入口からオイルが入り、油圧検出器のダイヤフラムに圧力がかかると、ダイヤフラムが曲がったり変形したりします。測定層はダイアフラムの反対側に取り付けられ、測定層の抵抗値が変化し、ダイアフラムの曲率が出力電圧に変化します。出力電圧は電圧増幅器に送信され、電圧増幅器はさらに電圧を増幅します。その後、電気機械式コントローラー(コンピューターボード)に送信されます。

excavator sensor

図4-20

 

センサーへの圧力が高いほど、出力電圧は高くなります。圧力センサーは、感知圧力に応じて、通常、高圧センサーと低圧センサーの2種類に分けられます。高圧センサーは、メインポンプの出力圧力と負荷圧力を測定するために使用されます。低圧センサーは、パイロット制御システムとオイルリターンシステムで使用されます。

圧力センサーの一般的な動作電圧は、5V、9V、24Vなどです(交換するときは区別するために特別な注意を払う必要があります)。一般に、同じマシンの圧力センサーは同じ電圧で動作します。圧力センサーの動作電流は非常に小さく、コンピューターボードから直接電力が供給されます。

 

掘削機圧力スイッチ

圧力スイッチを図4-21に示します。圧力スイッチは、パイロット回路の圧力状態(オン/オフ)を検出し、それをコンピューターボードに送信します。圧力スイッチには、ポートに圧力がかかっていないときに回路が接続されているかどうかに応じて、通常オンと通常オフの2種類があります。圧力スイッチのモデルや部品が異なれば、作動圧力とリセット圧力も異なります。一般に、回転式および作業装置用の圧力スイッチは作動圧力が低く、歩行用の圧力スイッチは作動圧力が高くなります。

Excavator Pressure Switch

 

図4-21

 

 


投稿時間:2022年6月19日