いすゞ 4HK1 交換用ファンベルト

今日はいすゞ 4HK1 エンジンのファンベルトの交換方法についてお話します。私はこのマシンを 10,000 時間以上使用していますが、ファン ベルトは一度も交換していません。エッジがバリになって二股になっているようです。保険のためにも、ちょっとした過失でファンの葉を水タンクに紛失するという悲劇を起こさないようにしてください。

変更する場合は、ベルトを選択できます。元のいすゞまたはを購入することをお勧めします掘削機の部品交換によって提供されたYNFマシニー.一般的に使用されるベルト モデルは 8pk1140 と 8pk1155 です。

ファンベルト

まずガード プレートを取り外します。エンジン ガード プレートの隣に比較的細くて長いガード プレートがあります。ガード プレートを取り外してエアコン ベルト テンショナーを確認し、13 レンチを使用してテンショナー スクリューを緩めます。

ファンベルト 2

次に、13 レンチを使用してテンション スクリューを反時計回りに調整し、A/C ベルトを取り外せます。次にエンジンに行き、17 19 レンチを使用して発電機セット スクリュー 1 を緩め、テンション スクリュー 2 を反時計回りに調整します。必ず完全に緩めてください。

ファンベルト 3

次に、12 14 レンチを使用して、ファン カバー、ファン カバー固定ブラケットを取り外します。次に、ファンベルトを取り外します。きつい場合は、ベルトをプーリーから簡単に取り外すことができるように、バールを使用して発電機をエンジンの側面にできるだけ傾けることができます。

次に、ファン ブレードを 1 つずつ掘り下げて、簡単に取り外せるようにします。取り付けるときは、分解の逆順です。テンションスクリューを調整し、ベルトを手で持ち、1cmの距離で上下に動かします。

この時点で、ベルトは交換されており、さらに多くのことを行うことで緊急事態を解決できます。

 


投稿時間: 2022 年 8 月 12 日